• EVENT
  • 2017.2.28

アートギャラリー 催しのご案内

本館6階 アートギャラリー

アートギャラリー 催しのご案内

本館6階 アートギャラリー

3月8日(水)~3月14日(火)

ギャラリー1

~色絵のうつわ~  
九谷 南 繁正・絢 父娘 展

九谷を代表する陶芸作家の親子二人展です。
日本伝統工芸に多数入選し、「竹」や「牡丹」などをモチーフに四季の移り変わりを表す作品など、色彩豊かな絵付けをされる繁正氏。
また新進気鋭の女性作家で、自然を愛出る思いが繊細な筆使いの絵付けをされる絢子氏。
本展では繊細に描かれた鉢、花瓶、香炉など約30点ご紹介。

3月8日(水)~3月14日(火)

ギャラリー2

陶の博物誌 杉浦康益展

植物を精緻に再現する陶芸作家で、花びらなどの植物を一枚一枚ルーペで詳細に観察し制作。
本展では「陶の博物誌」シリーズ、大山レンゲ、チューリップ、椿の置物など約25点ご紹介。

3月15日(水)~3月21日(火)

ギャラリー1

唐川武紀 在仏油絵展

飯塚市生まれ、フランス在住の唐川氏は、1963年から、故・織田廣喜氏に師事し66年二科展に入選後フランスに渡り、今日までフランスでご活躍されています。
帰国展である本展では、南フランスの村々に降り注ぐ太陽の光溢れる作品の数々を約30点ご紹介。

[作家在廊]

3月15日(水)~3月21日(火)

ギャラリー2

大野佳典 白磁展

茨城県筑波にて創作活動している若手作家。
白磁にる端正な造形の表面に、アールをつけて削り込んだ模様が生み出す美しい陰影が魅了されます。
本展では見る人たちの創造力をかきたてる造形作品から、日常使いの酒器や  食器までなど、約100点ご紹介。

[作家在廊]

3月22日(水)~3月28日(火)

ギャラリー1・2

アンティークマイセンとヨーロッパ名窯展

18世紀ヨーロッパの王侯貴族は、芸術に多大な関心を寄せました。
中でもマイセンは、ヨーロッパ文化の華やかな時代へと昇華していきました。
本展ではおよそ300年の歴史に培われたマイセン、セーブルを中心とする、18世紀から20世紀初頭のアールヌーボー期まで飾壷、人形、食器類など、一堂にご紹介いたしております。

3月29日(水)~4月4日(火)

ギャラリー1・2
~心をかたちに~
名僧・高僧墨蹟展

心豊に生きる知恵に「ZEN」・禅の思想が日本の社会と文化に大きな影響を与えている現代社会において、名僧高僧の老師が揮毫された墨蹟を紹介。