• EVENT
  • 2017.2.28

アートギャラリー 催しのご案内

本館6階 アートギャラリー

アートギャラリー 催しのご案内

本館6階 アートギャラリー

3月29日(水)~4月4日(火)

ギャラリー1・2
~心をかたちに~
名僧・高僧墨蹟展

心豊に生きる知恵に「ZEN」・禅の思想が日本の社会と文化に大きな影響を与えている現代社会において、名僧高僧の老師が揮毫された墨蹟を紹介。

4月5日(水)~4月11日(火)

【ギャラリー1・2】
筑前黒田藩御用窯
高取焼 西皿山窯 開窯 300年記念
十五代 亀井味楽 ・久彰父子展

筑前藩主・黒田長政の時代より約400年の伝統を誇る高取焼。
その歴史を脈々と受け継ぐ亀井家は、それぞれの時代の流れに先駆けた高取焼の歴史を積み重ねてこられました。
十五代亀井味楽先生も名家として、伝統を受け継ぎながら、日々作陶に邁進されておられます。

本展では、現在の地(西皿山)に窯が築かれて今年で三百年の節目の年を記念し、十三代、十四代、そして十六代後継者であるご子息、久彰氏の作品を併せ、茶碗、水指、花入など一堂にご紹介。

[会期中作家在廊]
ギャラリートークの開催
4月8日(土)・9日(日) 各日 午後2時~

4月12日(水)~4月18日(火)

【ギャラリー1・2】

現代具象絵画展

様々な技法による具象絵画の魅力を一堂に展覧いたします。
本展では、小倉遊亀、絹谷幸二 らをはじめ、日本画・洋画の作家による丹念に美しく描いた作品を一堂ご紹介。

4月19日(水)~4月25日(火)

【ギャラリー1】
日本の美
人間国宝・工芸逸品展


文化財保護法が施行されて60余年が過ぎた今、その歴史を振り返ると共に、伝統美と現代性を兼ね備えた人間国宝作家と、日本を代表する工芸作家の作品を一堂にご紹介。

4月19日(水)~4月25日(火)

【ギャラリー2】

長谷川潔・浜口陽三・南桂子 銅版画展

銅版画の最高峰の技巧であるメゾチントを極め、世界的に高い評価を受けた二人の巨匠、長谷川潔と浜口陽三氏。
本展では、少女・鳥・樹木などを題材に詩的で繊細な世界観を持つ南桂子氏の作品を併せて約30点ご紹介。

4月26日(水)~5月 2日(火)

【ギャラリー1】

~次代を担う女流日本画家~
染谷 香理 展

憂い漂う女性像と紋様、花鳥風月が織りなす繊細な画面から伝統ある日本画の次代を担う「院展」の女流画家、染谷氏の九州初個展。
本展では新作を含め、約25点ご紹介。

4月26日(水)~5月 2日(火)

【ギャラリー2】

~青瓷~  津金日人夢 作陶展

熊本在住、御船窯で、高貴な柔らかさと深みを感じさせる青瓷を製作している若手陶芸作家。
独自の世界観と美しい色彩で多くのファンを魅了し、これまで日本工芸会賞をはじめ、多数の賞を受賞されています。
本展では、壷・香炉・鉢などの鑑賞作品から、酒器・湯呑みなどの食器類まで、約80点ご紹介。

[会期中 作家在廊]